コンビニバイトってどうなの?大学時代に日勤も夜勤もした僕が答える

コンビニバイトってどうなんだろう?

仕事内容はきついのかな。

今回はそんな方へ向けて書いています。

ドォーモ!大学時代コンビニでバイトしていたしだーです!

「バイトしたい!」って思った時にコンビニのバイトを考えたことはないでしょうか?

今回は僕の経験をふまえてコンビニバイトのリアルをお伝えします!

 

コンビニの仕事内容

大きく分けて5つの仕事があります。

順番にみていきましょう!

1.レジ業務

レジ業務はかなりの種類があるので絞ってご紹介です。

どれも難しい内容ではないのでご安心を。

商品会計

店内にある商品の会計ですね。

コンビニバイトではメインの仕事になります。

朝やお昼時、夕方など、忙しい時間帯はとにかくスピードが求められます。

商品数が多いと商品をレジ袋に入れるのが難しかったりしますが、そのくらいで基本的にはかんたんな業務になります。

あと案外知られてないかもしれませんが、切手なんかも取り扱っているんですよ。

収納代行

一般家庭の電気・ガス代から、何か購入した商品の後払いなど…今のコンビニは何でもできちゃいますよね。

なのでこのような業務も行うことになります。

5人に1人は収納代行をしていた覚えがあります。

とはいえ、支払い用紙のバーコードをスキャンして会計するだけなので非常に簡単です。

ただたまにとんでもない金額の支払いが来たりするのでビックリすることも。笑

荷物の発送手続き

今はコンビニから荷物を送れる時代です。

ヤマト運輸などの荷物受付はもちろんですが、最近ですとメルカリの商品発送もコンビニから出来るようになりました。

ご存知の通りメルカリはかなりユーザーが多いサービス。

発送業務かなり増えてるんじゃないかと思います。(僕もよくコンビニから発送してます。)

2.納品された商品の品出し・陳列

コンビニでは1日3回ほど物流から商品がドカっと届きます。

かなりの量が届きますのでスタッフ全員で品出しを行います。

お客さんの対応をしながらになるので、これがなかなか大変。

それと同時に新商品をいち早く知れるタイミングでもあります。(これが個人的に楽しかったです!)

品出しで1番キツいのが飲み物。

500mlのペットボトルや缶ジュースがダンボールごと納品されるので重たい重たい!

さらに冷蔵ケースの裏に入って品出しするので寒いという。(ちゃんと冷蔵ケースに入る時用の防寒着があります。)

ここはメンズの仕事ですね。

3.売場のレイアウト変更

期間限定のキャンペーンが行われたり、新商品が入荷する時は売場のレイアウト変更をします。

例えば一番くじ。

レジ前にドン!と一番くじのコーナーができたりしますよね。

このようなコーナー作りも仕事の1つ。

配置を考えないといけないので少し大変です。

4.揚げ物など簡単な調理

ローソンでいう「からあげくん」などの揚げ物は冷凍状態で納品されます。

なので店内にあるフライヤーで揚げてから店頭に出すのも店員の仕事です。

これは簡単なので調理経験などは不要ですよ。

5.店内清掃

コンビニの掃除は意外と大変です。

  • 床のモップがけ
  • おでんや揚げ物などの容器の洗いもの
  • 商品のホコリ取り
  • トイレ掃除

中でも大変なのが床のモップがけとトイレ掃除。

モップがけは水を使って床全体にかけるのでとにかく腕が疲れます。

トイレ掃除は…お察しの通り汚れがひどいので精神的にきつい・・・。

 

勤務時間

コンビニは24時間営業しているのでシフト勤務になります。

店舗によりますが、大きく4つの時間帯に分かれています。

  • 早朝6:00~9:00
  • 日勤9:00~17:00
  • 夕勤17:00~22:00
  • 夜勤22:00~6:00

このような感じですね。

面接時に勤務可能な時間帯・曜日をかならず聞かれます。

一度時間帯が決まると、勝手に違う時間に入れられたりすることはないのでご安心を。

僕は大学生でしたので平日は夕勤で、週末は夜勤をしたりしていました。

ちなみに早朝や夜勤のように朝早いほど、夜遅いほど時給は高くなります。

 

廃棄で下げた商品はもらえる・・・?

これは完全にオーナーさんによります。

僕が働いていた店舗は食べたりもらったりしてOKでした。

面接で廃棄のことを聞くのは印象が良くないので、そこは運にまかせましょう。

 

コンビニバイトのここが楽しい・ここがキツい

コンビニバイトを経験した僕が楽しかったこと・キツかったことを書いていきますね。

楽しいこと

1番楽しかったのはお客さんとの会話でした。

本当にいろんなお客さんが来るので、話していて楽しかったですね。

「お兄ちゃん、学生さんね?」とかよく話しかけてもらっていました。

あとコンビニって誰かの生活の一部でもあると思うんですよね。

仕事終わりに必ず寄ったり、お風呂上がってアイスを買いにきたり。

そんな誰かの生活の一部に自分がいるということがなんだか嬉しかったり。

大変なこと

大変だったことは納品された商品の品出しです。

僕は夜勤もしていたので、これが特に大変でした。

日中はスタッフが4人はいるのですが、夜勤は基本2人です。

なので夜中に納品された商品を2人で品出し・陳列する必要がありました。

終わった後はフラフラに。笑

でも逆にいうと大変なのはそれくらいでしたね。

 

向き不向きは基本的ない

「人見知りだし、覚えることも多くて大変そう。。」と思う方もいるかもですが・・・

大丈夫です!

僕も当時人見知りで要領の悪い人間でしたが、普通に働けていました。(要領はいまでも悪いです。笑)

まず人見知りは気にしなくてOKです。

「常連さんと話すのが楽しい」と先ほど書きましたが、それは全体から見ると稀です。

レジでお客さんと会話なんてほとんどの場合ありません。

(店員とお客さんが楽しそうに話しているのなんて見たことないでしょう?)

なので人見知りは気にしなくてOKですよ!

次に覚えることが多いという点ですが、多そうに見えて実はそうでもないです。

最低限覚えることはありますが、今はレジが非常に優秀なので画面の操作に従えば簡単に業務が完結します。

なのでコンビニバイトに向き不向きはないです。

 

夜勤は少し特殊!

夜勤は日勤と比べて0時を回ると圧倒的にお客さんが少ないという特徴があります。

ほんとに全然来ません。

なので品出しや掃除が終わればスタッフはバックヤードで休憩しています。

(深夜コンビニに行ったらカウンターに誰もないことありますよね?)

お客さんが入ってきたらカウンターに出る感じですね。

その分、商品の納品数が非常に多いです。

なので夜勤はレジ業務以上に納品・陳列や掃除がメインの業務になってきます。

余談ですが、年末年始の夜勤はお客さんもいつも以上に少なく、商品の納品も少ないので3時間ほどバックヤードで休憩していたことがあります。笑

夜勤を検討されている方はぜひご参考に。

 

コンビニバイトはこれから業務量が増える

さてここからは僕の予想を書いておきます。

物を買うだけでなく収納代行やチケット発券、荷物の発送など・・・どんどん便利になっていくコンビニ。

その便利な分、スタッフへの負担として跳ね返ってきます。

これからの時代、今まで以上にいろんなサービスが企業からリリースされていくはずです。

その分「コンビニ」という人々にとって身近な存在は、新しいサービスの担い手としての役割が増えていくと思います。

最近でいうとメルカリですね。

荷物発送サービスの「らくらくメルカリ便」がセブンイレブンとファミリーマートで受付できるようになりました。

最近夕方~夜の間にコンビニへ行くと1人は荷物の発送手続きをしている気がします。

ご存知の通りメルカリは大ヒットしていますからね。

ユーザーが多い分、コンビニを利用して発送する人も多いでしょう。(僕もしてます。)

このようにコンビニスタッフの業務量はこれから増えていくんじゃないかと僕は思っています。

長くコンビニで働きたいと思っている方はその点理解しておきましょう。

 

おわりに

コンビニバイトについて僕の経験をふまえてご紹介しました!

個人的にコンビニバイトが大好きだったので、またいつかしたいな~なんて思っています。

コンビニバイトを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です