【バンド】自分のテンションの上げ方を知っておこう

突然ですがあなたは自分のテンションの上げ方を知っていますか?

なぜこんなことを聞くのかというと、そう…時に男にはテンションを爆上げしないといけない瞬間がある・・・!!(タイトルの通りライブですね。)

実際にハイテンションで演奏している方が気持ちが入って聞き手に伝わるモノも大きくなります。

ライブに限らずいざ!という時のために、自分のテンションの上げ方を知っておきましょうというお話です。

 

テンション次第で聞き手に伝わる感動や興奮が大きく変わる

上手だけど冷静沈着に演奏するバンド。

下手だけど楽しそうにハイテンションで演奏するバンド。

聞いててどちらが楽しいでしょうか?

おそらく後者だと思います。

もちろん曲によっては落ち着いたまま演奏した方がいいこともあるでしょう。

ですが、僕は音楽は極めて感情的なモノだと思っています。

高いギターをただ弾くだけじゃ本当に良い音は出ないです。

譜面どおりにダラっと演奏しても聞いてる側には何も伝わらない。

気持ちを込めて演奏するから本当に良い音が出るし、聞いている人を感動させることができる。

そしてテンションが高い状態であればより気持ちのこもった演奏ができるはずです。

 

自分のテンションの上げ方を知ろう

そんなわけで自分のテンションの上げ方を知っておこうというお話です。

上げ方は人それぞれですが、例えば下記のような方法があります。

  • エンジンを組む
  • 好きな曲を聞く
  • 体を動かす
  • 軽く飲む

これらは実際に対バンの方々がしていた方法です。

1番簡単なのはライブ前にメンバーでエンジンを組むことでしょうかね。

最後の「軽く飲む」はすごく気持ちは分かるのですがほどほどに。笑

ちなみに僕はお気に入りの服を着ることです。

単純ですがそれだけで簡単にテンションが上がります。

襟をピシッと正してライブをするイメージですね。

(洋服は最高の自己啓発ツールなのです。)

このように自分のテンションの上げ方を知っておきましょう。

ライブに限らず、ここぞ!という時に役立つはず。

 

おわりに

「テンションの上げ方を知っておこう」という内容でした!

いろいろ書いてきましたが、テンション高い方が何をしても楽しいですよね。笑

ぜひ参考にされてみてくださいね!