【オシャレに見せる!】スウェットを使ったコーディネート3選

春秋冬の3シーズン活躍してくれる便利なスウェット。

着心地が良くて動きやすいため着ていて本当に楽ですよね。

ただルームウェアの印象も強いカジュアルなアイテムなので何も考えずに合わせてしまうと本当に部屋着みたいな格好になることも。

そこでスウェットの着こなしを僕なりに3コーディネート考えてみました。

動画でも解説していますのでそちらもよければご確認くださいね。

 

1.ドレスとカジュアルのバランスを取る

まずはセオリー通りのコーディネートです。

スウェットがカジュアルなのでバランスを取るためにスーツで使われるスラックスを合わせています。

MBさんがいわれている[ドレスとカジュアルのバランス]ですね。

この法則については下記動画をご覧ください。

ここに革靴を合わせればよりドレス要素を+できてオシャレな印象が出そうですが…さすがに上半身スウェットとはいえスラックスに革靴は決めすぎかなと思いました。

そこで靴はバンズのオーセンティックを選んでいます。

こちらはスニーカーですが細身でなおかつモノトーンの物。

スニーカーの中でもカジュアルな要素が弱いスニーカーです。

ただやはりスニーカーはスニーカーですのでその分スエード素材のレザーバッグを持ってバランスを取っています。

さらに写真だとあまり見えないのですが、スウェットのインナーにシャツを入れておりドレス要素を少し追加しています。ニットの中にシャツを入れるようなイメージですね。

スウェットの中にシャツを入れるのは好みが分かれるとは思いますがドレスなイメージを追加できるのでオススメです。

 

2.デニム・スニーカーを合わせても崩しすぎないように

「スウェットにはデニム+スニーカーでしょ!」というイメージの方もいると思うので2コーデ目はデニムとスニーカーを合わせました。

ただ何も考えずに合わせてしまうとカジュアル100%で子供っぽくなりすぎますので、それぞれ大人っぽいドレスな印象のある物を選んでいます。

デニムパンツはスラックスの形で落ち感の強いデニム素材を使ったらいわゆるデニムスラックス。

素材以外は完全にスラックスなのでデニムながらもドレスライクな印象があります。

こういったパンツは今回のようにスウェットを合わせてもカジュアルになり過ぎず、シャツを合わせても決めすぎにならないので超便利です。

またスニーカーはボリュームのある物ではなく革靴のように細身で白黒のモノトーン。なおかつスエードレザー素材を使ったこちらもドレスな要素が入ったスニーカーを選んでいます。

このように崩しすぎにならないようにスウェット以外のアイテムを選んでみました。

とはいえスウェット+デニム+スニーカーでやはりカジュアルな印象が強いので表革を作ったレザーバッグを持っています。小物でドレスな印象を足す感じですね。

でもやはりこう見るとカジュアル感強めですよね。

個人的にはカジュアル寄りのスタイルが好きなので全然有りかなと思っています!

 

3.上から大きめのアウターを羽織ればどうとでもなっちゃう

最後はおまけ的なコーディネートにはなるのですが…上からコートを羽織ってしまえばどうにでもなっちゃうというコーディネートです。

コートを羽織ればスウェットがほとんど見えなくなってしまいますからね。

なのでコートの印象でドレスかカジュアルかがほぼ決まってしまいます。

ただスウェットは適度に厚手の物が多いのでインナーとしても使いやすいかと思います。

余談ですが今回のコーディネートはトレンチコートを着ています。

トレンチコートはステンカラーコートと違って襟が寝ているのでスウェットだけだと首元が寂しくなってしまいがち。

なのでタートルネックのカットソーをスウェットの中に入れて首元に高さを出しています。

 

ということで3コーディネートご紹介でした!

 

ユニクロのスウェットがおすすめ

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E419500-000/00?colorDisplayCode=09&sizeDisplayCode=004

最後に今回使用もしているユニクロのスウェットが超おすすめです!

とても柔らかく膨らみのある素材感。適度にツヤもあって良い感じです。

中でもオススメなカラーが05グレーとブラウン。

05グレーは薄めで綺麗なグレーカラーで暗めのアウターとの相性抜群ですし、ブラウンはお高いブランドから売られててもおかしくないくらいの良い色味です。

まずは1着欲しいという方は合わせやすい05グレーがおすすめです。

普段よりワンサイズ上げて少しゆったり着るのが今っぽくて良いかもしれません。

 

おわりに

スウェットの着こなし3コーディネートご紹介しました!

カジュアルでちょっと難しいアイテムだからこそ着こなせば差別化できてグッとオシャレになれると思います。

参考にしていただけると嬉しいです。