最低限のエフェクターで作ったミニマムなシステムをご紹介!

エフェクター1個しか使わない。

ごちゃごちゃ荷物になるのがイヤだ!

今回はそんな方に向けて書いています。

ギターボーカルのしだーです!

僕は普段、1つだけ歪みエフェクターをかけっぱなしにしてギター側のボリュームで歪みの量を調整しています。

しかし1つ使うにしてもエフェクター・シールド・電源と、まぁまぁな荷物が発生するわけです。

リュックとかバッグに入れて持っていけばいい話なのですが、ズボラな僕は可能な限り荷物を少なくしたい。

そこで…1つしかエフェクターを使わない人向けの最強アイテムを紹介です!(集え!ズボラ族!!)

MEMO
アナログエフェクターを使う方向けの内容です。

 

最小限・最軽量のエフェクターセット

  • エフェクター
  • 9V電池
  • DCプラグ
  • ソルダーレスケーブル(Free the tone)

小さなサコッシュに十分入りそうな量。

使うエフェクターの種類は人それぞれなので、それ以外一つ一つ説明していきますね!

9V電池

一般的なアナログエフェクターに使われる9V電池。

通常のACアダプターを持ち運ぶよりも小さくて軽量なので助かります。

アルカリでもマンガンでもどちらでもOKですが、それぞれ以下のような特徴があります。

アルカリ:電池が切れるまで常に最高のパフォーマンス

マンガン:電池が少なくなるにつれパフォーマンスが落ちていく

「音が良くなるから」と歪みエフェクターにはマンガン電池が使われることが多いです。

ですが、そこはもはやオーディオマニアの世界になるのでどちらでもOKですよ。
僕も違いはほとんど分かりません。

こだわる方は両方試してみるのがいいでしょう。

DCプラグ

9V電池をエフェクターのDCジャックに繋ぐためのアタッチメントです。

あまり見かけない物ですが、楽器店へ行けば売っています。

何かと便利な物なので普段はパワーサプライから配電している方でも1つは持っておくのをおすすめします。

これと9V電池を使うことで電源周りが極めてコンパクトにまとまってくれるのですよ。

ソルダーレスケーブル(Free the tone)

最後にフリーザトーンのソルダーレスケーブルです。

長さを自分で調整できるスグレモノ。

プラグが非常にコンパクトなのでごちゃごちゃしないのが嬉しいです。

他のパッチケーブルでもいいのですが、コンパクトにまとめるならソルダーレスケーブル一択。

エフェクターを多用する方もパッチケーブルをこれに変えるだけでボードがかなりスッキリしますよ。

 

練習やライブではアンプの上にエフェクターを乗せる

実際に使う時はこのようにアンプの上に乗せて使います。

かなりコンパクトなシステムなので、狭いスタジオでも自分のスペースが奪われないのが嬉しいところ。

また準備もササッと終わるので練習だけに集中できますよ。

 

おわりに

結構ニッチな内容でしたが「エフェクター1個しか使わないからなるべくコンパクトにまとめたい」と僕と似た境遇の方もいるのではと思い書いてみました。

僕は本当にズボラなのでエフェクターはもちろん、できればギターも持ち歩きたくないんですよね。笑

なのでいつもどうすれば機材をなるべく持ち運ばなくて済むかを考えています。

その中で行き着いたのが今回ご紹介したシステムでした。

同じ境遇の方の参考になれば嬉しいです!