【買って試してみた】ディプティック ロールオンフレグランスの香り方と持続時間

以前ディプティックの練り香水の記事を書きました。

【買って試してみた】ディプティック ソリッドパフューム(練り香水)の香り方と持続時間

微弱で香りすぎないのがポイントだったのですが、使っていると少々物足りなさも。

そこでロールタイプを購入して使ってみましたので香り方や持続時間をレビューします。

練り香水と比較しながら書いていきますのでどちらを買おうか迷っている方もぜひご参考に!

結論から言うとロールタイプの方が香りが強いですが持続時間は約1〜2時間ほどと練り香水よりも短いです。

 

ディプティック ロールフレグランスオイルの香り方

ロールフレグランスオイルは文字通りオイルを直接肌に塗布して香りを楽しむ香水です。

香水の中でもやや香りが強めといわれるオードトワレよりも香りが強く、一回使えば一日中はっきりと香りが残るとメーカーの説明文にはありますが・・・後述しますがこれにはいささか疑問が残りました。

ただ香り自体はかなり強いので使ってすぐはしっかりと香ってくれます。

同社の練り香水とは比較にならないくらい強い香りですね。

はじめて使ったときは「香りが強すぎたかな・・・」と思うくらいでした。

両手首につけましたが腕を顔に近づけなくても香りを自然と楽しめました。

 

ディプティック ロールフレグランスオイルの持続時間

ロールフレグランスオイルをつけてから1日外出しました。

時間の経過で香りがどの程度弱まっていくのか数時間ごとにメモしましたのでご紹介です。

MEMO
今回も手首につけて香り方を検証しています。

0時間経過

つけた瞬間は香りがかなり強くフィロシコスの柑橘系の香りがキツく鼻にツンとくるほどでした。

ですが10分ほどで香りが落ち着いてきてツンとくる感じは収まってくれましたね。

練り香水はつけても腕を顔付近に近づけないと香りませんでしたが、ロールタイプは腕をおろしていても普通に香ってきます。

ですが通常の香水のようにあくまで香りすぎないちょうどよい香り方。

練り香水だと少し弱いかな?と思っていた僕にとってはこれがベスト!と思っていたのですが・・・

3時間経過

なんと3時間経過するとだいぶ香りが弱まってしまいました・・・。

手首を顔に近づけないと香りが分からないレベルです。

これでは周りに香りが伝わることはないですし、自分自身も香りを楽しめないですね。

体感で練り香水の6時間後くらいの香りに弱まってしまいました。

いやーこれは予想外でしたね。。

メーカー説明文では一回使えば一日中はっきり香るとありましたが残念ながらそうはならず。

使って1時間くらいはかなり香りが強いですがそこから一気にさーっと弱まっていくようなイメージでした。

6時間経過

ご想像通り6時間も経つと香りはかなり微弱なものに。

もうほとんど香りは消えてしまいました。

正直間違っても1日中はっきり香るということはないですね。

 

ということでディプティックのロールフレグランスオイルは使って1時間が香りのピークでそこから一気に弱まっていくということが分かりました。

香りをずっと楽しみたい方は2時間おきに使うくらいがいいでしょう。

練り香水は固形なのでやはり長持ちしてくれるのでしょうかね。

それにしても香りが弱まるのが早くてなかなかにショックでした・・。

 

ロールフレグランスオイルは瞬間的に香りを楽しみたい方にオススメ

ということでロールフレグランスオイルのレビューでした!

持続時間が短いとはいえ使ってすぐは練り香水とは比較にならないくらい香りが強いので、食事や大事なシーンで瞬間的に香りを楽しみたい型にオススメです。

練り香水は微弱な香りを長く楽しみたい方にオススメですね。

ぜひ参考にしていただければと思います!