ギター初心者こそいいギターを買うべき!もと楽器店員の僕が説明します

初心者だから安いギターでいいや。

続くか分からないし安いギターにしとこう。

今回はそんな方に向けて書いています。

ドォーモ!もと楽器店員のしだーです。

店頭で接客していると、上記の理由で1万円くらいのギターを買われる方がほとんどでした。

その考えが普通だと思いますし、僕自身も1本目は格安エレキギターを買いました。

ですがギターをずっと続ける中で楽器店員もしながら気づいたことがあるんです。

それはギター初心者ほどいいギターを買うべきということ。

そしてむしろ格安ギターは初心者向けではないということ。

その理由を説明していきますね。

 

格安ギターのトラブルで挫折してしまうことが多い

ギターをやめてしまう大きな理由の1つに「挫折」があります。

Fコードの壁というのを聞いたことありませんか?

Fというコードが初心者にとっては最初の難関。

ここで諦めてしまう方が多いんです。

でもFコードなんて少し練習すれば誰でも弾けるようになります。

ではなぜ挫折してしまうのか。

それはギターに原因がある場合が多いからです。

安価なギターは使われている木がもろいので、手で押さえるネック部分がすぐに動いてしまいます。

そうした原因からギターが簡単に弾きづらくなってしまいます。

ただでさえ難関のFコードがさらに難しくレベルアップしてしまうわけ。

その結果挫折に繋がってしまうんです。

 

いいギターは弾きやすいので上達が早い

反対に高いギターは質の良い木を使っているので動かない場合が多い。

弾きやすい状態でずっと練習ができるので挫折どころかグングン上達していきます。

また、変に力を入れて弾いたりする必要がないため余計な癖がつきません。

最初にそこそこ高いギターを買って弾けないという理由で挫折した人を僕は見たことがありません。

(「高いの買ったからなんとしてでも弾かなければ」という背水の陣的な部分もあるかもですが。笑)

 

買い替えが不要なので長い目で見るとお得

ギター初心者を卒業してからも安価なギターを使っていると、次第に音や弾きずらさに我慢できなくなり2本目が欲しくなるもの。

これはほぼ全員がそうです。

さらに次買うとなるとある程度目が肥えているので、ある程度のいいギターが欲しくなっているはず。

MEMO
この時欲しいと思う価格帯のギターを初心者の1本目にぜひおすすめしたいです。詳しくはのちほど。

そう考えると最初からある程度いいギターを買って長く使ったほう結果的におトクなんですよね。

 

長く使えるので人生の相棒になる

安価なギターは木が動いて弾きずらくなると先ほど書きましたが・・・調整して元の状態に戻すことが可能です。

しかし調整できる範囲が限られているので、木が動き続けてしまうといずれ弾けなくなってしまいます。

反対にいいギターは木が動きづらいため調整があまり必要ありません。メンテナンスフリーというやつですね。

なのでずっと使い続けることができます。

必要なのはフレットの打ち換えくらいなもの。(これは全てのギターの宿命です。)

僕が高校生のころ必死にアルバイトして買ったギターは今でも弾いています。

10年前のギターですがばりばりの現役なんですよね。

いいギターを最初に買っておけばずっと使えるので人生の相棒になってくれますよ。

 

1本目におすすめはフジゲンのネオクラシックシリーズ

「いいギターいいギターいってるけどそれって結局どれよ!」と思われるでしょう。(すみません。)

まず僕が思ういいギターの定義はとにかく「木が動かないこと。」

そして動かないということは木材のグレードが高いということに他なりませんので、結果的に音もいいものになると考えています。

それを踏まえて心からおすすめしたいのがフジゲンという日本のブランドです。

国内の工房の中でも1番歴史が長く、様々なメーカーのギターを作ってきたOEM企業でもあるフジゲン。

技術力と木材に対するこだわりはピカイチです。

これまでは完全OEM企業だったので自身のブランドはありませんでしたが、ここ数年フジゲン名義での自社ブランドを作りだしました。

これが金額不相応のハイクオリティでめちゃくちゃおすすめです。

中でも初心者の1本目としてネオクラシックシリーズがいいでしょう。

ストラトキャスター・テレキャスター・レスポールとオーソドックスで飽きのこないギタータイプ。

やや丸みを帯びたネックシェイプで手にフィットします。

そして組み込みも本当に素晴らしい。

パッと持ってみて「あ、いいギターだな」と思えるギターです。

フジゲンのギターをチェックする

僕は現在フジゲン製のギターをメインで使っていますが、木のトラブルが起きたことが1度もありません。

これって本当にすごいことです。

他にも楽器店員の頃フジゲンのギターはほとんどのラインナップを触りましたが、とにかくどれも木が動かない。

とにかくおすすめです!

楽器屋に行くと1本は置いてると思いますのでぜひ触ってみてください。

 

【番外編】格安ギターはむしろ上級者向け!?

初心者の多くの方が購入する格安ギターですが…これはむしろ上級者向けなんです。

「どういうことやねん」と思われるでしょうが、書いてきた通り格安ギターはとにかく木が動いてトラブルがつきもの。

つまりそれを自分で調整して、直して使うということが求められるわけです。

当然初心者の方がそんな調整できるわけもなく。

これはギターのことを熟知していないとできません。

格安ギターが初心者向けなのは値段だけです。断言します。

 

おわりに

初心者こそいいギターを買いましょうという内容でした。

いろいろ書きましたが、1本のギターを長く使ってできたキズやダコンを見て「あんなライブもあったなぁ」と思い返すのもいいものです。

いろんなライブを乗り越えてきた人生の相棒。

そして新しいギターを買っても自然と弾きたくなるのはそんな相棒だったりするんですよね。

ぜひ参考にされてみてくださいね!