バンドに停滞感を感じたらメンバーと遊びに行けぃ!

なんかバンドが成長していない気がする・・・

アイデアが思いつかない。

今回はそんな方へ向けて書いています。

バンドメンバーとよく飲みに行ったりするしだーです!

バンドを続けているとどうしても停滞感を感じることがあります。

でもね、そんな時は・・・メンバーと遊びに行けーぃ!!

と声を大にして言いたい。(文字は大きくしましたが。笑)

冗談はさておき、それだけでバンドがいい方向に向かったりするものなんですね。

バンドが停滞期でなくてもメンバーと飲んだり遊んだりすることはかなり大事なことです。

 

停滞しているのは煮詰まっているから

バンドが停滞する原因の1つに煮詰まりがあります。

  • 新しい曲ができない
  • 展開が思いつかない
  • 今以上の成長が感じられない

さらに、そうした状況が続くと段々とモチベーションまで下がってしまうという悪循環に陥ります。

その結果停滞してしまうんですね。

 

ではそんな時にどうしたらいいのか。

 

メンバーでパァーッといくことに停滞感打破のヒントがある

そんな時はバンドのことは一旦忘れて友達と遊びに行くようにメンバーとパァーッといってみましょう!

買物に行くのもよし。飲みに行くのもよし。運動をするのもよし。

要はリフレッシュですね。

「そんなので何か変わるの?」と思われるでしょうが・・・

スタジオでウンウン考えるよりも、遊びながら話したりお酒を飲みながら話すことで1人じゃ思いつかないようなアイデアが浮かんだりするものです。

これは想像以上に効果絶大。

また普段話せないようなことも話せたりするのでメンバー同士の理解が深まることもあります。

それこそ先日メンバーと2人で昼から飲み歩きをしたのですが、話していると「ああした方がいいんじゃないか」「こうした方がいいんじゃないか」と曲のアイデアや構成案がバンバンでるんですよね。

(その後勢い余ってスタジオに入りました。笑)

またバンドをうまくPRするための意外な方法も思いついたり・・・これはまたやってみて記事にしたいと思います。

このような思いつきはスタジオにただ入っているだけでは思いつかないことです。

そもそもスタジオは基本的に演奏しているので会話自体少ないもの。

ともかく停滞感を感じたらメンバーとパァーッといってみましょう。

何かしらプラスになるはずですよ。

 

+いい状態でスタジオに入れるのでバンドが前進する

さらにメンバー同士良い状態でスタジオに入れるので、練習がスムーズにできてバンドが前進できる可能性が高いんです。

「良い状態ってどんな状態よ?」と思われるでしょうが…例えば休みの日に友達と遊びに行って、後日会ったら遊んだ時の話で盛り上がりますよね。

その盛り上がった状態でスタジオに入ることができるということです。

ポジティブな雰囲気で練習ができるので、いつも以上に楽しくてバンドが前進するスタジオになるでしょう。

 

まとめ

  • メンバーとリフレッシュすることで意見やアイデアがでてくる
  • 空気の良い状態で次回スタジオ練習ができる
  • 停滞感打破につながる!

以上がまとめになります。

ぜひご参考されてみてくださいね!